博士×製薬企業 就活時期の最新情報! 現役生の助言もお届け!

博士就活・大学院生のキャリア
スポンサーリンク

こんにちは!博士号取得後、製薬企業で研究職として勤務しておりますtabeと申します!
本記事では「大手製薬企業の博士新卒採用(研究職)の最新動向(2023卒向け)」を解説します!

具体的には、2022年4月採用の選考開始時期を総括し、次年度以降について考察したいと思います。

他の記事でも触れておりますが、
博士の採用は学部・修士学生と比べ早期に開始される傾向があり、前もっての時期の把握と準備が重要です!
ぜひ本記事を活用し、2023年4月採用以降の方々はご準備を進めてください!

2024卒以降の方! 2023卒の就活を分析した最新記事を書きましたので、こちらへどうぞ!!

昨年の記事はこちらから、合わせて参考にしてください!

毎年早まる選考開始時期、今年の各社の動向は??

では早速、まずは2022年4月採用の博士の方々のスケジュールを確認してみましょう!
例年と比べ、以下のような結果となっております。

以下に、こちらの図のtabeなりの読み方を記載させていただきます!!

選考時期はさらに前倒し、D2の秋にはほぼすべての企業がスタート

まずは、武田薬品工業を除き、すべての企業で昨年と同時期または早期化しております!
最も今年選考が早かったのはアステラス製薬の通称DISCと呼ばれる合宿選考のエントリーでした。
(情報は以下の会社さんのHPをご参照ください!)

DISC | 募集職種 | RECRUIT | アステラス製薬
アステラス製薬の採用に関する情報やアステラスの魅力や強みをご紹介しております。当社の事業や理念を理解する材料として、ぜひご活用ください。

特にここ数年で最も顕著に変更してきたのはエーザイですね。
2020年採用では3月1日の採用でしたが、ここ2年で9月1日まで引き上げてきました!
また、ここは大切なポイントなので改めて後述しますが、
各社の選考開始時期が揃ってきている(赤で示した箇所)点はぜひ知っておいて下さい

早期化の傾向は徐々に鈍化している

2019年の採用では3月採用を12月採用へ、そして2020年採用では10月へと一気に早期化が進みました!
しかし2021年以降は大幅な早期化ではなく、全体としては1ヶ月程度の緩やかなものでした。
早期化は明らかに鈍化しています

恐らく今後、就活開始時期がD2の夏より早まることはないとtabeは予想しております!
理由は二つあります。

  • これ以上の早期化は博士学生の実力を見極めるという意味で、博士の研究期間が短くなりすぎる
  • 前年度の修士学生の採用選考活動とのバッティングが発生する

あくまで個人の見解ですが、以上の理由から、
今後の大手製薬企業の就活スタート時期はD2の夏-秋で足並みが揃って落ち着くものと思います
毎年採用選考の情報は私のTwitterアカウントでも共有しておりますので、ぜひフォローしてみてくださいね。

tabe@創薬研究(@tabe_phdcareer)さん | Twitter
tabe@創薬研究 (@tabe_phdcareer)さんの最新ツイート。Ph.D. 製薬企業研究職 「tabeの博士就活・キャリアblog」にて情報発信。iPad、読書ほか。

変化に伴う、今後の準備で留意すべきポイント(現役生の声)

見ていただきましたように、ここ5年間で博士の採用選考時期は一気に動きました
5年前は修士学生と同時期(つまりD2の最終月である3月)であったことからも、まさに移行期。
しかしその移行期もいよいよ落ち着きを見せ始め、D2の夏-秋で足並みが揃ってきました。

その結果、新たに留意すべきポイントとして、
次のコメントを博士研究職内定(大手製薬2022年4月ご入社)の方から頂きました

重要なポイントと思いましたのでこちらで紹介をさせていただきます。

今年は多くの企業の選考開始時期が近い傾向がありました。
そのため、今まで先輩方から聞いていた以上に
エントリー書類の準備期間や面接期間がバッティングしました。
短期間で終えられるメリットもありますが、研究の忙しい時期とも被ってしまったりと、
前もっての準備をしていないとより厳しい就職活動になっていたと思います。

2022年4月採用シーズン 博士研究職内々定の学生の方より

おそらく2023年シーズン以降もこの「選考の一点集中」の傾向はさらに加速するものと思います

ラボの研究の手をどれくらい緩められるかも人によって様々ですし、
「一点集中」してくる就活に向けて着実に準備をすることが内定に向けてすごく大切です。
具体的どのくらいから始めたら良い?何から着手したら良い? という点についてですが、
D2に学年が変わる頃には以下のような状況をイメージすると良いとtabeは考えます!

  • 博士就職活動の時期の把握!(この記事で完了!)
  • 自己分析の開始!(ぜひ弊ブログをご活用下さい!)
  • 研究概要のコツの把握と作成開始
  • 昨年のエントリーシート情報を集め、文章を練り始める

昨年以降のエントリー書類の内容ですが、
私も内々定のために毎日利用した以下2つの情報ポータルサイトをぜひご活用ください!
過去の就活生の様々な書類や選考時期を確認することができます!!登録も無料です。

会員登録 | 就職活動支援サイトunistyle
こちらのページで就職活動支援サイトunistyleに無料会員登録できます。会員登録を行うことで、無料で公開されているエントリーシート情報や募集情報の検索など様々な機能をお使いいただけます。
2分で登録|就活サイト【ONE CAREER】
登録でAmazonギフト券500円分プレゼント|就活サイト【ONE CAREER】

また、研究概要については以下で詳細に解説いたしましたので、ご一読ください!
研究概要はエントリー書類の中でも最も大切。入念にご準備ください。

まとめ

毎年恒例の「博士採用選考時期はいつ!?」の最新版をお届けいたしました!!
研究でお忙しい毎日かと思いますが、
ぜひtabeの提供するコンテンツもご活用いただきながら、キャリア選択の準備を進めて下さい!

コメント