iPadで学術論文を徹底管理! 具体的な方法を語ります!

ガジェット/ 論文管理
スポンサーリンク

私は博士の5年間、常にiPadを活用し、論文管理方法を最適化してきました!

本記事では、
tabeが学術論文をどのようにiPadで管理しているのか、
余すこと無く紹介させていただきます!!

・現在iPadを持っているけど、上手く論文の管理ができていない!
・iPadの導入を検討している!

そんな研究者・大学院生向けの記事となっております。ぜひ御覧ください!!

*使用すべきiPadの大きさ、iPadで論文を管理するメリットは、こちらの記事にて考察しています!

iPadで学術論文を徹底管理、博士過程を振り返る
私は大学院博士過程5年間の間、全ての学術論文や資料はiPadを使って管理してきました。現在も、iPad Pro11インチを使い、ペーパーレスの作業で日々を過ごしています。結論から申し上げますと、このスタンスは大正解でした。iPad無...

*本記事で紹介している方法は、iPadがあればすぐに始められます!Apple pencilがあればより快適です。tabeはApple iPad Pro (11インチ, Wi-Fi, 64GB) – スペースグレイ
第二世代Apple pencil」を使っています。

Amazon | Apple iPad Pro (11インチ, Wi-Fi, 64GB) - スペースグレイ (最新モデル) | Apple(アップル) | パソコン・周辺機器 通販
Apple iPad Pro (11インチ, Wi-Fi, 64GB) - スペースグレイ (最新モデル)がパソコン・周辺機器ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
Amazon | Apple Pencil(第2世代) | Apple(アップル) | ペンタブレット用ペン ・替芯 通販
Apple Pencil(第2世代)がペンタブレット用ペン ・替芯ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

Step1:論文は全てCloudに保存しよう

まずは、検索した論文dataの保存方法です。保存先としてtabeが使っているのは「iCloud」です。
他のCloudサービス(Dropbox、Google drive、One drive)も、
後に紹介するPDF管理アプリとリンクは可能となっています。
なので、保存先は使いやすいCloudで問題ありません!

次に、Cloud内で、ご自身の好きな形式でフォルダを分け、論文dataのnamingをして下さい。
ここも基本的にはご自身の管理しやすいようにして下さい!

ちなみに私の場合、研究のテーマでフォルダを分け、dataの名前は
「年、Last author、First author、論文名、(論文の一言感想)」としています。
この名前の付け方ですと、各報告を出している研究グループについても把握できます。
そしてタブレット内で検索するとき、感想の一言がある方が探しやすくなります。
ただこのnaming作業は、まだ改善できる気がしています。
(良い案お持ちの方、ぜひコメント欄にてご教示下さい。)

ちなみに補足ですが、私は実験プロトコルやmeeting資料も電子化し、Cloudに保存しています。

Meeting資料が仮に紙で配られたとしても、写真を取るだけでPDF化してくれる
Scanner Pro」を使っています!
こちらでPDF化して、Cloudへ放り込んでいます。

https://itunes.apple.com/jp/app/scanner-pro/id333710667?mt=8

Step2:PDF管理アプリ「GoodReader」を使ってみよう

さて本題に戻ります!
Cloudにdataを保存したら、いよいよiPad上で論文を読みつつ、
書き込みやラインマーカーを引いていきましょう。
私が実際に使っているアプリは「GoodReader」です!

‎GoodReader PDF Editor & Viewer
‎First released in 2009, GoodReader® marks its 10-year anniversary with a better-than-ever major upgrade, GoodReader 5. It's not easy to outperform ourselves a...

PDF管理アプリの代表格の一つなのですが、例えばこんなことが出来ます。

・論文dataへの書き込みやマーカー!

おそらく皆さんが一番行いたい作業は、「書き込み」ではないでしょうか。
GoodReader上では、PDFのいかなる領域に対しても、書き込みやラインマーカーが使えます。

色や太さももちろん自在に変更可能。書いたあとの文字も、もちろん編集・移動・削除が可能です。

また、ついに先日Apple pencilに対応をいたしました!
指で触っているときはページ送りやズームのモードになりますが、
Penで画面を触れると即座に書き込みモードに切り替わります。
文章の上を触ると、自動でラインマーカーのモードとなります!

さらに「第二世代Apple pencil」では、ペン先を2回トントンと触れるだけで、
消しゴムにも切り替えることができます!

・書き込みdataは自動的にCloudデータへ反映

書き込んだ後、そのデータは自動かつ即座にCloud上のデータに上書きされます。
この書き込みやラインマーカーはPCから開いた場合でもしっかり表示されます。

・オフラインでもiPad内蔵の辞書が使用可能

一般的な英単語でしたら、オフラインでも使える辞書で調べることが出来ます。
「調べたい単語を長押し→虫眼鏡ボタンをタップ→Defineをタップ」

辞書は無料で内蔵されてますので、追加料金無しで利用できるのもポイントです。
ただし、専門性の高い用語はあまりヒットしません。
その場合はDefineではなく、googleやwikipediaをタップすると、ネット上で検索をしてくれます。

あるいは、科学辞典のページをブラウザアプリで開いておくこともオススメです。
実際にこんな感じで、splitビューで2つのアプリを表示することが可能です!

・論文内のリンク(本文→fig, ref等)にも対応

この機能も、最近新たに実装されて、tabeは感動しております。笑
論文中に、リンクが貼ってある場合
このリンクをタップするだけで瞬時にリンク先に移動でき、
移動後は3本指で画面を払うだけで、以前の場所にすぐに戻ることが出来ます。

元のページに戻るだけでなく、全く同じ視野に戻ってくるので、
普段からこの機能をとにかく多用して論文を読んでいます。

紙で論文を読んでいても出来ない技ですので、iPadにする価値が高まったなーと感じています。

・PDFの連結、名前変更、新フォルダ作成、その他

その他、語り始めるとキリがないのですが、色々出来ます(雑)。

Step3:ノートアプリは「GoodNote」を使用!

論文内に書き込めるのは良い、でも、結局まとめのノートはどうするのか?
私はこのノートもiPad上で作製しています。
結論から申し上げますと、私は「GoodNotes 4」アプリを使用しています。
GoodNote5も最近実装されたのですが、まだ安定していないという噂が多く、
tabeは4を今のところ使っています。全く不便はないです!

‎GoodNotes 4
‎新しくGoodNotes 5を利用できます。 最新バージョンのGoodNotesには多くの新機能と改良が含まれています: * 柔軟なスクロール: 横方向と縦方向のどちらからもページをスクロールできます * フォルダ: フォルダとサブフォルダのレベルを無制限に作成できます * グローバル検索: すべてを検索して見つけ...

別記事で使い勝手の良さは紹介しますが、
おそらくiPadユーザーの中で最も使われているノートアプリの一つです。
使いやすさは飛び抜けてますので、迷ったらこのアプリで良いと思います。

手順としては、
1. GoodReaderアプリの隣で起動し、
ノートを取りたいときはワンタッチでノートへ移動
2. テンプレートにガシガシ書き込み、figもスクショ経由で簡単に貼れる
3. 完成したら、CloudにPDFとして放り込む→論文PDFに結合

この流れになります。
iPadではアプリ間の移動は4本指の入力で瞬時に行えますので、
「論文⇔ノート」の切り替えはストレス無く行えます。

先程のSplitビューで隣に表示するのも良いと思います。

書き込み後のノートは、論文dataと一緒に保存するのが一番分かりやすい!
と思っているので、実際にそうしています。

・画面右上の「書き出す」からPDFとしてCloudへエクスポート
・エクスポートしたdataと論文PDFを結合
これだけです!私は論文1・2ページ間にノートを挟んでいます。

ノートアプリのレビューは本記事と趣旨が異なりますので、
また別の機会に紹介させていただきます!!

詳細な使用方法ではなく、使い方の概要を紹介させていただきました!!

iPad、pen、そしてアプリ。これらを整えるだけで、論文がタブレット上で管理出来るようになります!
ぜひ試してみて下さいね。

また、もっと良い方法あるよ!という方、ぜひ情報をお寄せ下さい!
読者の皆さんで、論文整理の時間を少しでも削減して、「研究する」時間を増やしましょう!!

コメント