実験スケジュールの管理に便利な「無印良品の手帳」

博士就活・大学院生のキャリア
スポンサーリンク

こんにちは!当ブログ管理人のtabeです!
私は博士号を取得し、現在、製薬会社で研究職として働いています!

さて早速ですが、当記事では、

やりたい実験・仕事が増えてきて、スケジュール管理が大変だな…

何か上手い予定の管理・把握方法ってないですか??

とお困りの方に、実践的な(かつ簡単な)、
スケジュール帳を活用した仕事マネジメントの方法をご紹介します!!

私tabeも、実際にこの方法を最適化しつつ「7年間」続けており、
大学院時代では、大きな研究プロジェクトを最低でも3つは同時に推進してきました!

先に結論から申し上げますと!
私が試行錯誤の末にたどり着いたのが、無印良品オリジナルのこちらの手帳です!

無印良品

その理由、そして実際の使い方を含めて、当記事にて紹介します!
これで貴方も、効率よく(頭もスッキリした状態で)研究に打ち込めるはずです!!

なぜ、実験スケジュールをカレンダーで管理するのは難しいのか

さて、そもそも、なぜ実験スケジュールって、管理が難しいのでしょうか?
私の考える理由は2つあります。

そもそも、実験は数日間に渡って実施するケースが多い

1つ目の理由が、「1日で実験が終わらないから」。
細胞の準備やサンプルの回収、そして検出まで、1週間以上に及ぶケースもしばしば。

そんな中で、普通のカレンダーに予定を書いていたら、
実験を複数走らせている場合はとても書ききれません。

実験時間は柔軟に変更するので、かっちりと予定が立てられない

2つ目の理由は、他の用事・実験予定によって、実施時間帯が固定できないこと。
この状況下で、カレンダーにしっかりとした予定を書いていても、全く役に立たないですね…

「あっ! 急にミーティングが入った、やばい!!」そんな展開が容易に想像できます…

ウィークリーのページが実験スケジュール管理に最適!

上記2つのニーズを満たしてくれるカレンダー・手帳を探し求めていた際、
運命的に出会った手帳が、冒頭で紹介したこちら!!無印良品の「マンスリーウィークリー」です!

無印良品

とにかく下に画像を添付した、「ウィークリーページ」が大活躍します!!

1週間が同じ見開きで管理できるため、実験が数日間に渡っても、しっかりと流れを追うことが可能です!
1日の予定について記載できる幅も広く、実験が立て込んでも十分に管理がすることが出来ます!

しかも、そもそも時間帯の記載の必要がないデザインですので、
その日その日の動き方が変わっても、スケジュール自体の書き換えは必要ありません!
あくまで、当日中に対応したら良いですし、不可能な場合は翌日以降に書き換えればOK。

私は上記の添付写真(例)のように、進めている各実験を流れで記載し、
毎日のタスク(ToDoList)を明確にして行動していました!

情報が集約できる!フリーのページや月ごとのページも完備!

上記で添付した写真にある右側のフリーページ、こちらも使い勝手◎です。
ちょっとした研究アイデアを書き込んで蓄積するも良し、
各実験の詳細について記載するも良し、ミーティングのメモに使うも良し。
このように、個人個人のニーズに合わせて、たっぷりと記載領域が用意されています!

また、別のページにマンスリーのページもありますので、使用用途の幅も◎です!

他にも充実のこだわりが盛りだくさん!!

紹介してきたスケジュール帳、お値段はたったの1000円前後なのに、
他にもこだわりポイントが満載なんです!

上質紙で出来ています!

質のいい紙で出来ておりますので、書き込みが裏に透けにくい!型がつきにくい!
日々使用するものですので、この辺もストレスなく使えて助かっています。

サイズがいろいろ選べる!

私はA5サイズを愛用していますが、日々使用するカバンの大きさや書き込みたい情報量に合わせて、
様々なサイズが選択可能となっています!ぜひ店頭で、お気に入りのサイズを見つけてくださいね!!

見開いても書きやすいフラット製本!

さらに、どのページで見開きにしても段差の無い、こだわりの製本方法で作られています。
見た目もスッキリしているので、お気に入りポイントです。

まとめ

以上です!
研究・実験スケジュールの管理には、本当におすすめの1品ですので、
ぜひお近くの無印良品でお買い求め下さい!
(無印の社員ではございませんし、無印良品からのギャラは一切頂いておりません!笑)

できる限り頭の中をすっきりさせて、本来の研究業務に専念しましょう!!

コメント