博士論文の製本、Kinko’sがオススメ!! 実際に利用した体験をまとめます。

博士就活・大学院生のキャリア
スポンサーリンク

先日の記事「博士学位審査、内容と注意点まとめの中で、
審査手順のうち「論文の製本作業」に注意するよう書きました。

博士学位審査、内容と注意点まとめ
漸く、tabeも博士学位審査のスケジュールを概ね終えることが出来ました。(ブログ更新、1週間ほどサボりました。すみませんでした。。)折角の機会ですので、学位取得の工程の中で「これは気をつけたほうがいい!」と感じたポイントを忘れないう...

製本(博士論文に表紙・背表紙を付け、実際の本に仕上げる作業)には、
ある程度の費用と、日数が必要
となるため、
論文提出の期限に間に合うよう注意しつつ、学生自身が対応します。

(ラボによっては、秘書さんがやってくれたり、科研費で払ってくれるとか。羨ましい。私は研究費がゼロになっていたため自腹です。笑)
実はこの製本作業、申込先によって、納期や費用が異なります。
(納期は即日〜2週間、費用は500円〜1万円以上…!!)

そこで実際に、私tabeも情報を集め、安くて早い申込先を探しました!
その中でも、特にオススメの製本先を見つけましたので、本記事にて紹介させていただきます。
(なんと、1冊約450円で、無事に提出論文を仕上げることに成功しました!)

今後学位の取得をお考えの方、ぜひ豆知識として知っておきましょう!!

製本の種類

製本と一口に言っても、下記のように、いくつかタイプがあります。
・表紙の材質(簡易製本 or ハードカバー)
・中のページは自身で印刷して業者に渡す or 依頼先に印刷も全て行ってもらう

この2つです。
一番値段が安いのは、自分で印刷+簡易製本(くるみ製本)です。
この方法だと、自分で印刷した全ページを業者に渡し、表紙の付与・印刷をしてもらう。
という流れになります。

*念の為、提出論文の規定は大学の博士論文要項を精読し、正確に用意しましょう。

依頼先:製本は「生協」か「専門業者」に依頼

実際の製本ですが、基本的には、上記のいずれかに依頼することになります。

生協

ココを利用する方も多いと思います。
生協で申し込みを行うメリットとしては、店頭の方が学位論文の申込み対応にも慣れていること、
いちいち自分で業者について調べなくても良いことです。

そのため、なにか大きな間違いが起こるなどのリスクが低い。

私の大学では、一番安いプラン(印刷物持ち込み+くるみ製本)で、
1冊2000円程度。(追加は1冊800円)印刷までを依頼すると、3000円ほどでした。
納期は7-10営業日でした。

少し納期が遅いことがデメリットですが、あとは大きな問題はなさそうです。

上記プラン内容は所属大学によっても変わると思います。
生協スタッフの方々が丁寧に教えてくださるので、気になる方は一度調べてみて下さい。

印刷専門業者

調べてみると、数え切れないほど出てきます…
サービスも多岐にわたっており、調べるだけでも骨の折れる作業でした。
即納してくれるけれども高価(5000円以上!)の会社も多く、
個人情報を提供しなければ見積もりもできない会社も…。
怪しいので、このような会社には手を出さないようが良さそうです。

そんな中、全国チェーンでサービスを展開する、実店舗を有する会社「Kinko’s」を見つけました。
実際に利用しましたが、対応も丁寧で、即納・お値段も生協より安い!
と、最高の内容でしたので、シェアさせていただきます!(私は企業の回しもんではありません。笑)

お勧めはKinko’s

私が今回利用したのは、Kinko’sの提供する論文製本サービスです。
詳細はこちらのHPを参照下さい。

卒業論文・研究論文等の論文製本 | キンコーズ・ジャパン
キンコーズの研修マニュアルの印刷・作成事例のご紹介。研修の参加人数が前日に決まる場合でも、必要な部数を短納期で作成することができ無駄がありません。テキストの差し替えにも早急に対応いたします。

様々な材質での製本に対応し、印刷物の持ち込みも可能。印刷依頼も可能と、選択の幅も広いです。

中でも魅力的なプランが、「印刷物の持ち込み」+「くるみ製本」のプランでした!
この方法だと、製本の料金のみしか発生せず、1冊約450円でした!

安すぎません??Kinko’sより安い所、私は見つけられませんでした。

手順としては、
・中のページすべてを印刷して持参
・表紙と背表紙のデザインをデータか印刷物で持参

この2つを持って、実店舗の受付でお願いするだけです。
すごく丁寧な店員さんが、対応をしてくださいます。
しかも、数時間で作業が完了、即引き渡しというスピード感のあるお仕事!

「提出日までギリギリだ…!」「お金がない…!」というニーズにぴったりなので、
ぜひ利用を検討してみて下さい!!
全国に店舗があるので、そこそこの数の学生さんは利用できると思います。

ちなみに印刷まで全て依頼すると、カラーページのある場合は4000円ほどのお値段、
納期は翌日〜3日後とのことでした。

あまりないと思いますが、白黒のみだと2000円切ります。
信頼性のある会社さんで、生協より納期が早いのはありがたいですね。

以上のことから、
時間に余裕のある方、調べるのが面倒な方は生協で申し込み
急いでいる!少しでも安くしたい!という方は業者で申し込むと良いと思います。
そして私が実際に利用し、お勧めしたいのは「Kinko’s」でした!

ぜひスムーズに、学位を取得されて下さい!!

コメント