交通費支給で小金稼ぎしよう!

博士就活・大学院生のキャリア
スポンサーリンク

豆知識として知っておきたい、就活のお金の話です!

就職活動って、結構お金がかかるイメージですよね。
実際リクルートスーツ一式に交通費、人によっては数十万円もかかるとか。

そこで利用したいのが、企業の「交通費支給」です。
このシステムを理解し、上手く利用すれば、儲かる日もありそうです。
皆さんは御存知でしょうか?

そこで本記事では、交通費支給のシステムについてまとめました!
また最後に、実際に私も利用した、エントリーシートを買い取ってくれるサイトもご紹介します!

これから選考が本格的になる前に、ぜひ知っておきましょう!

交通費支給は、領収書提出とシステム入力の2パターン

まずは、領収書の提出を求められる場合、こちらは単純です。
その日東京に新幹線で向かおうが、夜行バスで向かおうが、実際に払った金額をゲットできます。
つまりこの方法を採用している企業の選考は「自己負担なし」です。

デメリットは、領収書をそのまま回収されることがあることです。
この場合、例えば同じ日に2社の選考を東京で受けていて、
両方の会社が領収書タイプであった場合、片方の支給になる可能性があります。

一方システム入力の場合、会社の指定サイトで選考を受けた日時を申請します。
この際、いつ、何の交通機関で東京に向かったのかは問われません。

また、出発地も強制的に「大学所在地」となります。

会社はこの申請に対し、会社が勝手に決めた金額を支払ってくれます。
この金額ですが、「新幹線代より安く、夜行バス代より多い」ことが多いです。

システム入力の会社なら、儲かるケースもある!

注目したいのは、後者のシステム入力の特徴である
「会社の定める規定額支払い」「出発地は大学」の2つです。

ここをうまく利用しましょう。

単純ですが、片道だけでも夜行バスにすれば、それだけで儲けが出ます。
また、例えば次の日も東京で面接!とかであれば、
友人の家に泊まっても、関東の実家から選考に向かっても、交通費はガッツリ頂けます。
「大学からその日往復した」と企業は信じて交通費を支給するしかありませんから。

少しでも就活情報をお金に変えたい!

別の記事でも紹介している下記2つの就活サイトでは

自己PR・志望動機、ES書くなら就職活動支援サイトunistyle
就職活動支援サイトunistyle
2分で登録|就活サイト【ONE CAREER】
登録でAmazonギフト券500円分プレゼント|就活サイト【ONE CAREER】

マイページから、皆さんのエントリーシートや選考情報を買い取ってくれます。

有益な情報だと判断されれば、1社の情報だけで2000-3000円になりました。
選考受けたところの情報を全部入力すれば…結構な金額になります。
就活で支払った交通費やスーツ代分を浮かせるチャンスですので、この機会に登録をお勧めします!

ぜひ上手くやりくりして、就職活動を乗り切って下さい!

コメント