就活書類、締切1週間前には提出しよう!

ES・面接の対策
スポンサーリンク

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/tabecareer/tabe-phdcareer.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 287

いよいよ今年の就活も、書類の締切ラッシュではないでしょうか!?
実は就職活動の提出書類は、期日ギリギリに出すメリットは一つもありません。

明日提出期限だし、今日の夜にでも出そう。なんて、考えていませんか!?

私は自分自身の就職活動の際、本選考・インターン、全ての選考の期日に対し、
少なくとも1週間前には対応をしていました。(実際、書類で落ちたことはありません。)

もちろん、早めに出すだけで選考が通過するなんてことはありませんが、
早めに出すメリットは複数あります!!

本記事では、実際の私の体験と、人事の方のお話を元に、その理由を紹介していきます!
ぜひ、締め切りギリギリが大好きな貴方!今日この日を境に、改心してはいかがでしょうか?笑

人事は提出順にチェックしている!

皆さん、ご存知でしたか?

締切日が来てから、じっくり皆さんの書類に目を通しますね。
なんて、そんな暇な会社は無いです。

どの会社でも、締切期日は設けていますが、提出順に、どんどん書類の審査は始めています。

そして早めに提出された人の中から、次の選考に進める人を随時、決定しています。
(実際に、某製薬企業のインターンで人事の方に聞いた話です。)

実際に、自分が書類の審査側だったら、同じ出来栄えのESを受けとった時、
締切ギリギリのものと、1週間前もって出されたもの、どっちが印象良いですか?

「この人のほうが、仕事早そうだな。」
「この人のほうが志望度が高くて、前もって準備してくれていたのかな。」
少なくとも私だったら、そう思います。

いくら選考とはいえ、審査するのは生身の人間です。
ぜひ一日でも早く、提出することを心がけて下さい。

自ずと提出書類の質も高まり、スケジュールにも余裕ができる。書類も通過しやすくなる。
正のサイクルに入ると思います。

もし未だ、エントリーシートの書き方のコツがつかめていない方は、
下記2つのサイトにて、内定者のエントリーシートをぜひ参考にしてみて下さい。

会員登録 | 就職活動支援サイトunistyle
こちらのページで就職活動支援サイトunistyleに無料会員登録できます。会員登録を行うことで、無料で公開されているエントリーシート情報や募集情報の検索など様々な機能をお使いいただけます。
2分で登録|就活サイト【ONE CAREER】
登録でAmazonギフト券500円分プレゼント|就活サイト【ONE CAREER】

特にUnistyleでは、内定者のESだけでなく、様々な就活アドバイス記事が掲載されています。
私は複数の大手製薬から内定をいただきましたが、すごくお世話になったサイトです。

締切直前は絶対何かある

就活中、急に説明会が入る。面接が入る。こんなイベントは日常茶飯事です。
2日後のスケジュールなんて、誰にもわからない状況です。

そんな中で、提出期限ギリギリで行動することは、いくらなんでもリスクが高すぎます。

結局、いくつかの企業はエントリーすることが出来なかった…
あの会社のWEBセミナー、ほとんど聞けなかった… そんな事になりかねません。

実際に上記の理由で、私の後輩も日々苦しんでいます。

言うまでもなく、人生において大切なイベントですから、
「締め切りギリギリにならないとやる気が出ない病」から抜け出し、前もって準備をしましょう!

まとめ

この記事を読んでくださった方、ぜひ選考の書類は提出期日の1週間前を目安に出しましょう。
企業側の受けも良い!自分のスケジュールに余裕が出て、書類の完成度も精神衛生も安定する!

良い事だらけではないですか?

当サイトでは、様々なブログ記事で就活の全面サポートを行っています。

他の記事も合わせて、ぜひ参考にしてくださいね!!

ES・面接の対策
「ES・面接の対策」の記事一覧です。

コメント