就活の研究概要、気をつけるポイント

ES・面接の対策
スポンサーリンク

理系の就活では、ほぼ全ての企業が「研究概要」の提出を求めてきます!
多くはA4サイズで1-2ページ。博士の就活では最大4ページを経験しました。

実は最近、複数の後輩の研究概要を読む機会があり、
いくつか共通して「ここは訂正したほうが良いな」と感じるポイントが有りました!

折角の機会ですので、ブログを読んでくださっている皆様に、そのポイントを共有したいと思います!
ぜひご自身の研究概要と照らし合わせながら、改善を加えてみて下さい!

*本記事だけでなく、下記でも解説をしておりますので、合わせて参考になさって下さい。

「通過する」ESを書く方法論 -研究概要編-
私は大企業の創薬研究職応募において、エントリーシートで落ちたことがありません。これを達成するために大切にしていた提出書類の一つが「研究概要」です!研究職において研究概要は極めて重要な書類であり、実際に書類選考に通過した後はこの書類を精...
研究概要のデータ・図を改善して通過率Up!
前回の記事に引き続きまして、研究概要を作成する際の留意点についてまとめていきます!今回フォーカスしたいのは「図の出来栄え」です!前回の記事はこちらからどうぞ。もちろん、あえて手を抜いている人はいないと思いますが、図の完成度は、採用担当...

イントロはとにかく簡単に!広く!を意識しよう

まずは文章の書き始め。ここはぜひ、「超簡単に!広いイントロ!」を心がけて下さい。

研究概要は、研究の凄さをアピールする目的よりも、貴方ご自身のアピールのために書く書類です。
そこで研究概要では、分野初心者の人に対する「説明力・提案力」のアピールが大切です。
そのための技の一つが、簡単なイントロです。

相手が初心者なのに、いきなり、
「STAT1と呼ばれる転写因子は、〜という性質を持っていることが…(ry」
なんて書いたら、専門の人ならまだしも、それ以外のヒトには「は?」って感じです。

まして人事の方が読んだら…なんて考えると悲惨です。

tabe
tabe

病原体が侵入した際、我々は免疫応答を効率的に誘起し、排除を試みる。

その際に機能する重要な転写因子として、STAT1が知られている。

冗談抜きで、これくらいの難易度から書き始めて下さい。

もし専門性の高い文章から既に書き始めてしまっている方、書き上げてしまった方、大丈夫です。
書き始めの1文として、上記のような超簡単な文章を少しだけ書き加えて下さい。
多くの方が興味を持って読み進めてくれるようになります。

また「簡単」以外にもう一つ、「広く」も意識して下さい。
例えば上の例(STAT1の話)ですと、続きの研究内容、将来展望、全てのsectionにおいて、
最初に規定した狭い範囲でしか論理を展開できなくなってしまいます。

一方で「免疫応答」という記載から始めると、その後の記載の幅がグッと高まり、
研究概要を書く作業も楽になります。読み手にも優しい文章になります。

以上2点、すごく簡単に改善できてインパクトが大きいので、試してみて下さい。

文章を書く前・書いた後、必ずロジックを入念に確認しよう

「ロジックの流れを適切にする」、口で言うのは簡単ですが、実践するのは想像以上に難しい。

実際に色んな人の研究概要を拝読しますと、
冗長な文章が含まれている一方で、必要な記載は書けている。そんな研究概要に頻繁に出会います。

私からのアドバイスは「書き始める前に、白紙の紙に、全体の流れを書いてみて下さい」というものです。
全て、箇条書きで書き出すことがコツです。その方がシンプルに書くことができるためです。

研究の目的→手法→結果→考察 以上4つの観点を、出来るだけシンプルに書き出してみて下さい。
そしてそれぞれが、説明文を少し足すことで、必要十分な形で結びつきますか?

結びつくことが確認できれば、後はなるべく必要のない文章は足さずに、
そのまま研究概要に仕上げる努力をして下さい。

tabe
tabe

まずは○○を示すため「目的」、

△△を用いた検証を行った「手技」。
その結果、〜に対し、優位に□□を認めた「結果」。

そこで☓☓の可能性が考えられたため「展望」、

次に◎◎を示すこととした「目的2」。

上記の文は必須だと思いますが、その間に、不必要な表現・説明が挟まっていませんか??

ぜひ書き終わっている文章に関しても、もう一度、
「本当にこの記載は必要?前後と繋がっている?」
「必要だけど、この説明で本当に初めて読んだ人は理解できるだろうか?」

という自問を一文一文丁寧に行ってみて下さい。

必ず研究公表経験のある、優秀なヒトにチェックを依頼しよう

ロジックの通った文章は、想像以上に記載することが難しいです。

また、いくら「貴方ご自身のアピール」を行う文章とはいえ、
ベースは研究の話をするわけですから、研究資料としての完成度の高さも求められます。

研究の文章には、独特な言い回しや、書き方の癖が存在します。
これらを満たした、いわゆる「カッコいい研究書類」の書き方、それを見極める目は、
長く研究を続けている人や、日々論文の執筆、学会発表を行っている方のみが会得しています。

特に修士学生の方、ここをうまく書ける人はかなり少ないと思います。
そこでぜひ、プライドなどは捨てて、
自分の周りにいる尊敬する先輩や先生に、書類を確認してもらうことをおすすめします。

学会発表や論文執筆経験のある方ですと、ロジックの必要十分の大切さにしっかりと理解があり、
研究資料独特の文章表現も上手です。
信頼できる人に声をかけ、ロジックの展開と細かい用語の使い方のアドバイスを依頼してみて下さい!

まとめ

ここ1ヶ月、連続して4人分の研究概要を見てきて、共通した問題点をピックアップしました!

・イントロの始め方
・ロジックの整理
・文章全体の「研究資料」としての質

就活の一般的なノウハウや情報、過去の選考情報は、下記サイトでも提供されています!
当ブログと合わせて、参考にして下さい!!

会員登録 | 就職活動支援サイトunistyle
こちらのページで就職活動支援サイトunistyleに無料会員登録できます。会員登録を行うことで、無料で公開されているエントリーシート情報や募集情報の検索など様々な機能をお使いいただけます。
2分で登録|就活サイト【ONE CAREER】
登録でAmazonギフト券500円分プレゼント|就活サイト【ONE CAREER】

上記をぜひ磨き上げて、ご自身の最高の研究概要として下さいね!!

 

コメント